日本海軍における重巡の位置付は米国と同じ位置付け。


お互い仮装敵国として相互にもし戦争になったら。

想定した戦略は平時ならばこその充分な検討を加えられた艦種における位置付けが想定されていました。

不思議なもので、世界の三大海軍と言えば、英国、米国、日本ですが、英国と日本並びに米国のそれぞれの位置付に違いがありました。しかし、お互いを仮装敵国とした日本と米国において重巡の位置付けはほぼ同じ位置付けだったのです。一方英国は、世界中に植民地を持つ関係で、その支配地域における緊急時戦闘能力維持を考えると長大な航続距離と膨大なエリアをカバーする為に、一定数の巡洋艦を確保する必要がありました。この為、英国は軽巡を中心に配備する事になるです。

<続く

日本海軍において大戦中に活躍した重巡の中で、最も旧式な重巡であったのが古鷹型でした。しかし当時より重巡とはどうあるべきかを考え尽くされた古鷹型は、その後に単装砲から背負式の連装砲を装備する重巡に生まれ変わりました。

その連装砲の姿でスマートな古鷹を再現しました。詳しくはHPにてご確認ください。

重巡 古鷹 ステンレス製タグ