とうとう念願の涼月が話題になりました。工房では涼月実装の検討が開始されます。


秋月型において、戦艦大和とともに戦った涼月を検討します。

艦これにて涼月の実装がアナウンスされました。地元福岡は北九州の港に軍艦波止場と呼ばれる場所に涼月と冬月が眠っています。

その涼月が登場することになり、とうとう福岡も聖地入り?という話題に乗り遅れないように涼月の設計を計画しています。

さて、涼月とは秋月型ですが、戦時造船艦として簡略化された姿が特徴でこれはこれで見どころある艦艇だと思うのです。

とくに直線的なデザインを採用した日本艦艇というよりアメリカ艦艇のイメージに近い姿は、趣ある姿で我々を魅了してくれます。

猫工艦では秋月と照月を販売していますが、涼月と、あわせて初月も計画しているところです。もちろん調査しなければならない電探据え付け位置形状や、簡易的な直線美にあふれる艦首の形状研究も残っています。ですが資料としてはまあまあ存在する艦艇ですので早く形にしたいものです。