駆逐艦「時雨」ステンレス製ドックタグ/アクセサリーレビュー


白露型駆逐艦「時雨」

ロンドン海軍軍縮条約締結に対応した建艦計画のマル1計画において初春型6隻と、白露型6隻が計画されていました。この白露型6隻が、俗に言う前期白露型と呼ばれる6隻です。初春型において、徹底した軽量化と電気溶接を多用し建造されましたが艦橋構造が大型化しており、トップヘビーとなり友鶴事件を起こし、初春型は復元性改修工事・船体強化工事を受けることになります。

これを受けて、初春型の改良型として誕生したのが白露型です。さらにマル2計画で白露型は合計14隻建造される予定でしたが、ロンドン軍縮会議を脱退することが決まっていたために、合計10隻で打ち切りとし、次型である朝潮型の建造に移行していきます。なお、後期白露型と呼ばれる、海風、山風、江風、涼風の後期型4隻が建造されました。基本は統一デザインを採用していますが、艦橋については、以後の駆逐艦の標準艦橋形状として採用されるデザインを採用しており、後期白露型・朝潮型・陽炎型の艦橋はほぼ同一となっています。

後期駆逐艦が新型艦橋を搭載したときに僅かに大型になっている艦橋のために、前期白露型と、後期白露型の全長に約1mほどの差異がある可能性があるとが解ってきました。Wikipediaには白露型111mとありますが、入渠図に後期白露型の全長として111mという記載がある図面が残っており、これを根拠に採用したと思われます。とももと白露型の計画時全長は110mと記載されている資料が残っており計画では110mであったと思われます。

ところが、呉にある海事資料館に浦賀船渠で建造された「時雨」の船体図面が残っており、この図面寸法を計算すると間違いなく109.5mであることに気が付きました。ここで白露型については109.5m/110m/111mの3つの違う寸法が存在する可能性があります。まず時雨の109.5mについては、実際に時雨建造時に鉄板切り出し用型紙の実寸を図り、作図したと図面と明記されています。よって時雨については109.5mであることは間違いないと思われます。逆に後期白露型の4隻については艦橋のサイズが前期白露型より長く大きいと思われ、寸法あわせのために、艦橋部分の船体を1mほど伸ばし(前期白露型の110mから)111mとしたのではないかと推理してます。

白露型は、初春型と同じく、主砲塔が3つあり後部砲塔2つについて一つは単装砲を採用しています。また、特型・朝潮型以降の駆逐艦と違い、後部砲塔2つは「背負式」といわれる2段構造ではありありません。このため、側面からみた艦艇シルエットが素晴らしいほどに美しく、艦首のダブルカーブドバウのラインも朝潮型以降、またはそれ以前の駆逐艦と比較してもカーブの美しさは特記すべき事項であると思っています。この美しい白露型のシルエットを写真・図面から検討を加え、再現してみました。

ステンレス製の銀色にケガキ手法を用いてCNCルーターをコンピューター制御で0.03ミリ程度薄く切削していくことで削った後が光源により美しく反射することで独特の美しさを醸し出しています。

 

サイズ


  • 幅:53ミリ
  • 高:30ミリ
  • 厚:1.2ミリ
  • 材質:SUS304ステンレス製
  • 色:ステンレス製銀色
  • 研磨:工場研磨#800番手/鏡面仕上

特徴としては、ドックタグ(認識票)の本物は薄い金属板で指で簡単に折り曲げることが可能ですが、この1.2ミリ厚のステンレス製は曲げることすら困難です。エッジは丁寧に面取りされており怪我をすることはまずありえません。ただし金属製ですので強く押し付けるなど危険な行為にて怪我をするとこもあります。夏に車内においておくと熱を吸収し高温になっていますので十分ご注意ください。

諸元に刻印される文字列

  • 駆逐艦型/艦名/駆逐艦型何番艦
  • 排水量 基準または公試
  • 全長/水線長/全幅
  • 機関として缶/タービン
  • 速力/馬力
  • 兵装:主砲・魚雷発射管・機銃等
  • 同型艦
  • 主要戦歴
  • 造船所:進水日/竣工日
  • 喪失(または処分等)

これらをみっちき記載し、精密に刻印しています。

白露型駆逐艦「時雨」ドックタグ実物写真


表:実物写真

裏:実物写真


白露型駆逐艦「時雨」図面画像(表):設計図


裏面:設計図



【通販にてお求め出来ます】

【広告】
Twitter @necokoucan_tp4  にて最新情報告知しています。
新しい艦艇が、どんどん登場しています。お迎えお待ちしていますよ!提督さん!!

【宣伝】新作・白露型駆逐艦「山風」ドックタグ


【スポンサード広告】

[amazonjs asin=”B003F9W380″ locale=”JP” title=”タミヤ ニュース別冊 軍艦雑記帳 (上巻) 64121″]

[amazonjs asin=”B003F9Y4HS” locale=”JP” title=”タミヤ ニュース別冊 軍艦雑記帳 (下巻) 64150″]


戦艦「大和」スマートフォンケースを試作してます。




戦艦「大和」の刻印原画を使用したスマートフォンケースを・・

 戦艦「大和」の細部を表現した側面図が見どころです。

戦艦「大和」のドックタグは幅が53ミリしか無いために、大和の精密な表現が出来ません。すべて刻印すると塗りつぶされた様な刻印の仕上がりになってします。その為に刻印データの間引きを行っています。タグのデータはディテールが省略されたデータなのです。この省略されたデータの元の精密なディテールを表現した側面図を利用して作成しているのがこの、戦艦「大和」側面図を配したスマートフォンケースなのです。

 

サイズ


Android M サイズ
再剥離シール面積:縦70mm × 横55mm
スマホ装着イメージ範囲:縦150mm × 横80mm

iPhone7(手帳型スマートフォンケース内に固定用ケースへiPhoneを固定する方式)

iPhone6/6s(手帳型スマートフォンケース内に固定用ケースへiPhoneを固定する方式)

3種を予定してます。

 


全体イメージ


大和の下に1941~1945の文字横に白枠があります。これは戦艦大和の固有艦艇府号(字)を表現する予定です。また折りたたんだ時点で背表紙的な部分には「海軍省」の文字が雰囲気を醸し出してくれます。赤と白のラインは日章旗をイメージしてます。そして戦艦「大和」の原図側面図をめいいっぱい引き伸ばして配置させて頂きました。

YAMATOのアルファベットロゴ左には、「Z」旗を配しました。また大和の下に所属艦隊を記載していますが、艦艇図が戦艦「大和」の沖縄特攻時の姿です。よって第二艦隊最後の編成で表現しています。

大和側面図の反対側の蓋部分には、戦艦「大和」の世界最大の主砲。「四十五口径九四式四十糎三聯装砲塔(46㎝)の上面図をシンプルに大きく配置しました。日本男子なら誰でも知っていると行っても過言ではない旧日本海軍が誇った戦艦大和を十分にご堪能ください。

※ なお、デザイン考証中であり、試作デザインのため、仕様が告知なく行われる場合がございます。ご了承頂きたく存じます。

【広告】
Twitter @necokoucan_tp4  にて最新情報告知しています。
新しい艦艇が、どんどん登場しています。お迎えお待ちしていますよ!提督さん!!

【駆逐艦「時雨」Android/Mサイズ・スマートフォンケース】


【スポンサード広告】

[amazonjs asin=”B003F9W380″ locale=”JP” title=”タミヤ ニュース別冊 軍艦雑記帳 (上巻) 64121″]

[amazonjs asin=”B003F9Y4HS” locale=”JP” title=”タミヤ ニュース別冊 軍艦雑記帳 (下巻) 64150″]


駆逐艦「如月」ステンレス製ドックタグレビュー


第三十駆逐隊として、睦月、弥生、卯月とともに活動した如月

 駆逐艦「如月」ドックタグ・頒布開始します。

は、ウェーキ島攻略作戦で、ウェーキ島守備隊の防衛陣地に据えられたピーコック岬砲台からの砲撃により、魚雷(別説として機雷)の誘爆で爆沈してしまします。この件がアメリカ軍に研究され魚雷誘爆をしつこく狙う戦略で攻撃してくるとこになります。

サイズ


  • 幅:53ミリ
  • 高:30ミリ
  • 厚:1.2ミリ
  • 材質:SUS304ステンレス製
  • 色:ステンレス製銀色
  • 研磨:工場研磨#800番手/鏡面仕上

特徴としては、ドックタグ(認識票)の本物は薄い金属板で指で簡単に折り曲げることが可能ですが、この1.2ミリ厚のステンレス製は曲げることすら困難です。エッジは丁寧に面取りされており怪我をすることはまずありえません。ただしきん属性ですので強く押し付ける等だと怪我をするとこもありますし、夏に車内においておくと熱を吸収し高温になっていますのでご注意ください。

 

表面:設計図


裏面:設計図


諸元に刻印される文字列

  • 駆逐艦型/艦名/駆逐艦型何番艦
  • 排水量 基準または公試
  • 全長/水線長/全幅
  • 機関として缶/タービン
  • 速力/馬力
  • 兵装:主砲・魚雷発射管・機銃等
  • 同型艦
  • 主要戦歴
  • 造船所:進水日/竣工日
  • 喪失(または処分等)

これらをみっちき記載し、精密に刻印しています。

如月ドックタグ裏面諸元


艦  名 睦月型駆逐艦「如月」(睦月型2番艦)
排 水 量 基準:1,315t
全  長 船体:102.72m 水線長:100.2m 全幅:9.16m
機  関 ロ号艦本式缶4基/艦本式タービン2基2軸
最大速力 37.25ノット/出力:38,500馬力
兵  装 45口径三年式12cm砲G型4門
(開戦時) 十二年式61cm三連装魚雷発射管2基
八十一式爆雷投射機2基、留式7.7mm機銃2挺、他
同 型 艦 睦月、弥生、望月(総計12隻)
主要戦歴 ウェーク島攻略戦
造船:舞鶴工作部 進水:大正14年6月5日(1925年) 竣工:大正14年12月21日
喪失:昭和17年1月15日 ウェーク島沖でF4Fの100ポンド爆弾爆撃にて爆沈

 

【広告】
Twitter @necokoucan_tp4  にて最新情報告知しています。
新しい艦艇が、どんどん登場しています。お迎えお待ちしていますよ!提督さん!!

【宣伝】新作・睦月型駆逐艦「如月」ドックタグ


【スポンサード広告】

[amazonjs asin=”B003F9W380″ locale=”JP” title=”タミヤ ニュース別冊 軍艦雑記帳 (上巻) 64121″]

[amazonjs asin=”B003F9Y4HS” locale=”JP” title=”タミヤ ニュース別冊 軍艦雑記帳 (下巻) 64150″]


駆逐艦「時雨」、「五月雨」ステンレス製ドックタグレビュー


取り急ぎUPしておきます。(2014年当時のデザインです)

Z800白露型基礎五月雨試作画像800 時雨テストショット800

第二駆逐隊の五月雨、第二七駆逐隊の時雨として人気を博しています。

現在では、白露型は全隻ドックタグラインナップ化が完了しており10隻のドックタグをお持ちになられた提督様もいらっしゃいます。

 

このバージョンから2016年にデザインの改訂と、当時ブラックニッケルメッキの真鍮製タグからステンレス製タグに変更しました。

白露型は統一デザインを採用しています。艦名ロゴについては2文字バージョンと3文字バージョンがあり桜と錨に成るべくかからない配置とさせて頂いています。

ステンレス製の銀色にケガキ手法を用いてCNCルーターをコンピューター制御で0.03ミリ程度薄く切削していくことで削った後が光源により美しく反射することで独特の美しさを醸し出しています。

レーザーでデザインを描く手法もありますが、レーザーですと黒くなるか、白くなることで師匠を表現しますが色が点くだけで輝くことはありません。この輝きは削ることで発生します。

サイズ


  • 幅:53ミリ
  • 高:30ミリ
  • 厚:1.2ミリ
  • 材質:SUS304ステンレス製
  • 色:ステンレス製銀色
  • 研磨:工場研磨#800番手/鏡面仕上

特徴としては、ドックタグ(認識票)の本物は薄い金属板で指で簡単に折り曲げることが可能ですが、この1.2ミリ厚のステンレス製は曲げることすら困難です。エッジは丁寧に面取りされており怪我をすることはまずありえません。ただしきん属性ですので強く押し付ける等だと怪我をするとこもありますし、夏に車内においておくと熱を吸収し高温になっていますのでご注意ください。

白露型駆逐艦「五月雨」ドックタグ実物写真


表:実物写真

裏:実物写真


表面:設計図


裏面:設計図


諸元に刻印される文字列

  • 駆逐艦型/艦名/駆逐艦型何番艦
  • 排水量 基準または公試
  • 全長/水線長/全幅
  • 機関として缶/タービン
  • 速力/馬力
  • 兵装:主砲・魚雷発射管・機銃等
  • 同型艦
  • 主要戦歴
  • 造船所:進水日/竣工日
  • 喪失(または処分等)

これらをみっちき記載し、精密に刻印しています。

白露型駆逐艦「時雨」ドックタグ実物写真


表:実物写真

裏:実物写真


白露型駆逐艦「時雨」図面画像(表):設計図


裏面:設計図



【通販にてお求め出来ます】

【広告】
Twitter @necokoucan_tp4  にて最新情報告知しています。
新しい艦艇が、どんどん登場しています。お迎えお待ちしていますよ!提督さん!!

【宣伝】新作・白露型駆逐艦「山風」ドックタグ


【スポンサード広告】

[amazonjs asin=”B003F9W380″ locale=”JP” title=”タミヤ ニュース別冊 軍艦雑記帳 (上巻) 64121″]

[amazonjs asin=”B003F9Y4HS” locale=”JP” title=”タミヤ ニュース別冊 軍艦雑記帳 (下巻) 64150″]


お待たせしました。駆逐艦「時雨」Androidスマートフォンケース


 人気!駆逐艦「時雨」モバイルバッテリーと同じデザインで時雨Androidスマートフォンケース登場です。

駆逐艦「時雨」がスマフォケースになって登場しました!

モバイルバッテリーとくれば、次はスマフォケースでしょう! ネイビーブルーバージョンの第ニ弾は艦これで人気の高い時雨を用意しました。 艦艇側面図イラストはドックタグの原図そのままをデザインに応用しています。 そして!「JGMD」この謎の文字列! 模型クラスタ様には馴染みの艦艇固有のコールサイン的な符号(字)が叢雲にも割り当ててありました。 その旗イメージをロゴマーク風に織り込んだデザイン。叢雲図とともにそのロゴマークが醸し出すデザインをお楽しみください!

 


それでは一連のツイート投稿を見ていきましょう!

 

 

時雨Android Mサイズ・スマートフォンケース詳細ご紹介

 

 

 

XXX

 

 

【駆逐艦「時雨」Androidスマートフォンケース(Mサイズ)全体】

時雨Androidスマートフォンケース全体

 

【時雨Androidケース裏面 画像】

時雨Androidケース裏面

 

【裏面ポケット画像】

時雨ケース裏面2

 

【装着イメージ画像】

cytw-6kuqaairyu

【装着可能モデル】

時雨Androidケース装着可能モデル

 

【時雨Androidスマートフォンケース(Mサイズ)】広告

このシリーズ! どんどん新規デザイン鋭意作成中!! ご期待ください!

【スポンサード広告】

ピットロード 1/700 日本海軍 特型駆逐艦 叢雲/ 新第二次世界大戦 日本海軍艦船装備セット 7 付


陽炎型駆逐艦「天津風」基本デザイン画完成しました。


陽炎型駆逐艦「天津風」


天津風1944jpg2

 

今回の天津風の特徴は、1944年時点、雪風とともに第16駆逐隊として作戦に参加しています。

 

この時点では1944年初頭ということもあり、その後の輸送船護衛に関する文献に艦尾2砲塔があったとの記述から、雪風のように第2砲塔を降ろしていないと考えました。

 

ただ、電探関連は搭載されていると考えられるので、艦橋背面の電探室関連の増設があったと考え、雪風と同等の艦橋としました。

ただ、艦橋横の7mカッターは撤去し、25mm単装機関銃を備えた可能性(同型艦が同等の改装を行なっている)を否めません。

 

以上のことから、「天津風」の1944年の状態はこのデザイン画の状態でななかったのかと考えています。

 

所属駆逐隊は、第10戦隊 第16駆逐隊としドックタグデザインを手がけたいと思います。

 

それでは今日はこの辺で。

 

次回作をお楽しみに( ̄^ ̄)ゞ

MODEL Art (モデル アート) 増刊 帝国海軍駆逐艦 総ざらい 2014年 03月号 [雑誌]
MODEL Art (モデル アート) 増刊 帝国海軍駆逐艦 総ざらい 2014年 03月号 [雑誌]




駆逐艦「雪風」デザイン画の詳細について。


陽炎型駆逐艦「雪風」

   デザイン画について解説いたします。


陽炎型シルエット

この「雪風」シルエットは、スタンプを作成したくて、作図したシルエット画(陽炎型1941年時)です。 ただよくよく観察してみますと、魚雷発射管が小さく、12.7cm連装砲が大きすぎることに気が付きました。

とはいえ、開戦時点での陽炎型シルエットスタンプの試作としてとりあえず試作してみました。

雪風スタンプ

スタンプの大きさが30ミリ四方でしたので小さすぎました。次回はもっと大きなスタンプとして作成することにします。


CASIO カシオ計算機 pomrie ポムリエ スタンプ PC対応 STC-U10

CASIO カシオ計算機 pomrie ポムリエ スタンプ PC対応 STC-U10


 

 

これで、作成しています。 部材のコストが高いので、どうかとは思いますが1品モノで作成するには丁度良く、重宝しています。

 

さて、デザイン画についての説明にまいります。

先ほどの陽炎型1941年の反省点を修正しまして、仕上げました。

雪風公開用1200

陽炎型駆逐艦「雪風」デザイン画

※ 画像をクリックしますと拡大します。


部分部分で細かい点を言えば、資料不足で指摘事項が一杯だとは思いますが、ご了承お願いします。

 

では部分部分を見て行きたいと思います。

駆逐艦「雪風」艦橋部分


 

 

陽炎型装備図(雪風)艦橋A01

 

Illustratorの画像を加工して貼り付けています。

※ 画像をクリックしますと拡大します。

 

艦橋の一番上から

  1. 3m測距儀
  2. 九十四式方位盤
  3. 66cm測距儀
  4. 九十式無線電話送話器
  5. 舷燈

5.舷燈は防弾鋼板とデザイン上、干渉してしまうので、省略しています。

艦橋については、これらをデザインしています。実際の刻印された雪風を見て頂けると綺麗に刻印出来ています。微小加工ですがなんとか表現することができました。

 

さて、本日はここまでとしまして、後日はこの続きを解説させて頂きます。

 

それでは次回をお楽しみに( ̄^ ̄)ゞ

 



戦艦榛名真鍮製ドックタグ詳細解説NO1(諸元について)


戦艦榛名アクセサリー 真鍮製ドックタグ裏面諸元について解説します。

作品名:戦艦 金剛真鍮製メッキストラップ 裏面諸元

榛名金諸元

艦  名   戦艦 榛名
排 水 量  基準:32,156t  公試:36,259t
全  長  船体:222m 水線長:219.61m
全  幅  31.02m
最大速力  30.5ノット
兵  装
45口径41式36cm連装砲 4基 (口径35.6cm)
50口径41式15cm単装砲14門(口径15.2cm)
12.7cm連装高角砲 4基 25mm連装機銃 10基
造 船 所  神戸川崎造船所

 今回の戦艦 榛名は、1941~1942頃の榛名をイラストに表現しました。

その為、1944年頃の榛名と兵装等の数が違うことをご存知と思います。

艦  名   戦艦 榛名

排 水 量  基準:32,156t  公試:36,259t

全  長  船体:222m 水線長:219.61m

全  幅  31.02m

最大速力  30.5ノット

兵  装

45口径41式36cm連装砲 4基 (口径35.6cm)

50口径41式15cm単装砲14門(口径15.2cm)

12.7cm連装高角砲 4基 25mm連装機銃 10基

造 船 所  神戸川崎造船所

 

諸元(性能)について、ウィキペディアの記載内容に準じています。

 

ここで兵装についてですが

正式名称でいえば

四十五口径四十一式三十六糎砲

これが正式かとは存じますが、書籍等の名称で多いのが「45口径41式36cm(センチ)連装砲」ということで、これに準じて記載させて頂いています。

なお艦これで有名になりました35.6センチ連装砲は、36センチと読んでましたので36センチを記載しています。ただ口径35.6cmは、別途記載し、経緯をご存知の皆様に便利が良いだろうと判断しております。

※ 正確に14インチをセンチに変換すると、Chromeの検索枠に「14インチ」と入力することで下記の数値が表示されます。

14インチ =
35.56 センチメートル

あわせて、15cm単装砲も同様の理由です。

なお、12.7センチ連装砲高角砲、および25mm連装機銃については記載面積の問題で通称を採用させて頂いています。

 

また諸元の数値については諸説あります関係で、基本的には模型雑誌・歴史書籍関連で記載のある数値を参考にしています。

公試数値および、水線長はその年度(榛名については1941~1942頃)頃の資料として記載されている数値を参考にしています。

 

造船所の名称については「神戸川崎造船所」

榛名が建造されていた当時、「株式会社川崎造船所」とウィキペディア等に記載がございます。

川崎重工業神戸造船所はその後のこととなりますので、株式会社川崎造船所が正しそうですが以前から神戸川崎造船所という名称を見かけていましたので、これを採用させて頂きました。

 

最後に、なにかと書き入れたいのですが、ドックタグのサイズが53mm×29mmですのでこのような記載とさせて頂いています。