新作駆逐艦「文月」艦艇ドックタグアクセサリー完成です。


工房:猫・工・艦 新作駆逐艦「文月」艦艇ドックタグアクセサリー完成です。

旧日本海軍駆逐艦文月は、睦月型7番艦として民間の藤永田造船所で建造されました。1944年まで様々な作戦、輸送作戦に参加した駆逐艦です。開戦時は第5水雷戦隊旗艦軽巡洋艦「名取」配下に、第22駆逐隊として皐月、水無月、長月とともに所属していました。

文月は年代ごとに装備に違いがあり、とくに1943年8月に佐世保海軍工廠で艦艇中央部分の魚雷等の装備などを撤去し輸送品搭載のスペースを設けたようです。その為、駆逐艦として寂しいイメージがありますので、この改装前の状態を商品化しました。

文月はラバウルでの空襲で被害を受け、トラック島に避難しそこでもトラック島空襲に巻き込まれ、被害を受けて沈没しています。現在ではダイビングスポットになっているらしくWebサイトで海底に沈む文月の画像が掲載されています。

数回の被害を受けても、復旧し作戦に従事した文月。そんな文月には感動すら覚えてしまいます。

さて、この「文月」ですが、表面は文月の側面イラストを描き、裏面には英文で文月の艦艇要目を記載しています。
このタグをストラップ、または革ネックレスに装着しファッションとして楽しめるように商品化しました。
また同型艦をコレクションして第22駆逐隊として額縁に飾ってインテリアとしても楽しめます。

文月Web

 

 

 

 【猫・工・艦グッズはこち

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*